字から伝わる心

私の恩師からハガキをいただきました。

お人柄が伝わってくる字、

きっときっと何度も書き直されて、ハガキを『書く』という事に勇気がいったのではとお察しいたします。

だけど、私にとってその方の字が『宝物』に感じます。

その方の思いが伝わってくる『字』に感動します。

 

先日放送された「美の鼓動」の冒頭でも話したように、

今や字は書くものでなく打つものになっていっている現代。

便利だけれど、簡単に打ち過ぎてしまうこともあります。

 

書くということは、その方の事を真剣に思い、

言葉を丁寧に選び、

その人の為に時間をとること。

これこそが丁寧に伝える字の醍醐味ではないかと思います。

 

書くという時間が取れないほど、あくせくと忙しく生きている今の時代。

逆行するような手紙を書く、ハガキを書く。

書くという行為は

どれだけ大きなギフトになる事でしょう。

 

『大切に』心を伝えていく。

いただいたハガキから、

私の大切にしている表現のテーマを再確認した出来事でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。